株式会社ファインドホーム > 株式会社ファインドホームのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件でもできるベランダに目隠しを設置する方法

賃貸物件でもできるベランダに目隠しを設置する方法

≪ 前へ|オートロックの賃貸は防犯上どんなメリットがあるのか?重要性や注意点も!   記事一覧   藤沢市周辺の映画館がどこにあるのかご存知でしょうか?|次へ ≫

賃貸物件でもできるベランダに目隠しを設置する方法

賃貸物件のベランダは、道路や隣の建物からの視線が気になることがあるのではないでしょうか。
そんなときは目隠しを活用すれば、プライバシー保護や防犯対策につながります。
そこで賃貸物件でもできる、ベランダの目隠し方法についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件のベランダにおすすめの目隠し:フェンスの種類

賃貸物件のベランダで外部からの視線が気になるときは、目隠しとしてフェンスを設置するのが効果的です。
本格的なフェンスなら、パネルやラティスがおすすめです。
目隠しの目的に応じて高さや格子の大きさを選べば、効果的に視線を遮れるでしょう。
出し入れする機会が多いなら、必要なときだけ広げられるサンシェードやスクリーンがあります。
このほかガーデニングを楽しめる、グリーンカーテンもおすすめです。
育てる手間がかかり季節も限定されていますが、日よけや断熱効果も期待できます。
自立するグリーンカーテンキットもあるので、固定する場所がない賃貸物件のベランダにも設置可能です。
なお賃貸物件のベランダは、共用部分として扱われます。
そのため目隠しを設置する際は、以下のポイントにも注意してください。

●避難経路の邪魔にならないかどうか
●災害時に隣戸へ逃げ込む仕切り板の周辺に置いていないかどうか
●排水経路をふさいでいないかどうか

賃貸物件のベランダにおすすめの目隠し:1階の防犯対策

賃貸物件の1階にあるベランダでは、防犯面の対策も欠かせません。
フェンスによって死角が増えると、侵入者に狙われるリスクも高まります。
そこで1階では多少の視界を確保するため、スリット入りや格子状のものを選ぶのがおすすめです。
あるいはレースカーテンのような目隠しシートなら、視線を遮りつつも人影は完全に隠れません。
1階だけでなく、ベランダの柵の隙間が気になるときも目隠しシートはおすすめです。

賃貸物件のベランダにおすすめの目隠し:DIYのアイデアと素材

賃貸物件の目隠しは、DIYでも手軽に設置できるものが少なくありません。
DIYなら大掛かりな工事も不要なので、退去時の原状回復もしやすいでしょう。
たとえば、すだれやすのこはサイズや種類が豊富です。
そのため狭いベランダや、目線の高さだけ隠したいときに便利なアイテムです。
さらに柵の部分にヒモや結束バンドで簡単に固定できるため、特殊な工具も不要です。

まとめ

賃貸物件のベランダでできる、目隠しの設置方法やDIYのアイデアをご紹介しました。
おしゃれに視線を遮れば、プライバシーを確保できるだけでなく快適に過ごせる空間も広がります。
なお設置の際は、賃貸物件の規約を確認するとともに、オーナーに設置許可を得るようにしてください。
私たち株式会社ファインドホームでは、藤沢市を中心に不動産物件をご紹介しております。
気になる物件がございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|オートロックの賃貸は防犯上どんなメリットがあるのか?重要性や注意点も!   記事一覧   藤沢市周辺の映画館がどこにあるのかご存知でしょうか?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る