株式会社ファインドホーム > 株式会社ファインドホームのスタッフブログ記事一覧 > マイホームに複層ガラスを付けるメリットデメリットとは?

マイホームに複層ガラスを付けるメリットデメリットとは?

≪ 前へ|騒音トラブルを未然に防ぐ分譲マンションの上手な探し方とは?   記事一覧   藤沢市の秋葉台文化体育館とはどんな施設?プールやトレーニングを楽しもう|次へ ≫

マイホームに複層ガラスを付けるメリットデメリットとは?

複層ガラスとは2枚のガラスと真ん中の層によって成り立つ窓ガラスのことで、近年新築などのマイホーム建設にも取り付けられることが多くなってきました。
この複層ガラスはメーカーによってガラスの厚みが異なり、真ん中の層には普通の空気や真空状態、アルゴンガスが注入されるなど、さまざまなタイプが発売されています。
これからマイホームの購入を検討されている様でしたら、複層ガラスを取り入れるメリットデメリットを把握した上で、取り付けるか検討してみましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

マイホームに複層ガラスを取り入れるメリットとは

マイホームに複層ガラスを取り入れるとさまざまなメリットがあります。
1つ目は「断熱性に優れる」点で、ガラスが2重になる分熱が逃げにくくなり、クーラーの冷気や暖房の温かい空気が外に漏れにくくなります。
そのため冬は暖かく、夏場は涼しく過ごしやすくなり、暖房やクーラーを過剰に使わずに済むため電気代の節約にもなります。
2つ目は「結露が付きにくくなる」という点で、普通の1枚ガラスに比べると結露が発生しにくく、カビの発生予防に役立つメリットがあります。
3つめは「防犯に役立つ」点で、空き巣被害は窓を破って侵入されることが多いですが、複層ガラスは2枚のガラスを割らなくてはならないため、侵入に時間がかかり、簡単に侵入されにくくなる特徴があります。
リフォームで複層ガラスを取り付ける場合は、断熱性基準がクリアできるとリフォーム補助金の対象となるため、費用を押さえて取り付けることも可能となります。
マイホームに複層ガラスを取り入れるデメリットとは

複層ガラスをマイホームに取り付けるデメリットとは、完全には結露が防げないという点です。

結露はサッシがアルミ製の場合に発生しますので、結露対策でしたら、サッシを樹脂や天然木性のものに取り付けなければなりません。
また、複数ガラスは先ほど断熱性に優れるとご紹介しましたが、取り付ける場所によっては返って逆効果になる場合があり、冬場の日光を遮断してしまうデメリットもあります。
リフォームの場合は既存の窓枠に合わない可能性があり、工事費用が大きくかかるケースもあるため注意しておきましょう。

必見|駅徒歩10分以内の物件一覧

まとめ

マイホームで断熱性や防犯面などの対策をおこないたい場合は、複層ガラスの導入も検討してみてはいかがでしょうか。
複層ガラスは熱を逃がしにくいメリットがありますが、結露を完全に防げないなどのデメリットもありますので、比較検討した上で取り付けるとよいでしょう。
私たち株式会社ファインドホームでは、藤沢市を中心に不動産物件をご紹介しております。
気になる物件がございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|騒音トラブルを未然に防ぐ分譲マンションの上手な探し方とは?   記事一覧   藤沢市の秋葉台文化体育館とはどんな施設?プールやトレーニングを楽しもう|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


福田戸建

福田戸建の画像

価格
4,280万円
種別
中古一戸建
住所
神奈川県大和市福田
交通
高座渋谷駅
徒歩8分

下和田新築戸建

下和田新築戸建の画像

価格
5,180万円
種別
新築一戸建
住所
神奈川県大和市下和田1261-4
交通
高座渋谷駅
徒歩3分

藤沢市湘南台615② 新築戸建

藤沢市湘南台615② 新築戸建の画像

価格
5,680万円
種別
新築一戸建
住所
神奈川県藤沢市湘南台6丁目
交通
湘南台駅
徒歩13分

藤沢市湘南台6丁目 新築

藤沢市湘南台6丁目 新築の画像

価格
6,390万円
種別
新築一戸建
住所
神奈川県藤沢市湘南台6丁目16-3
交通
湘南台駅
徒歩14分

トップへ戻る