株式会社ファインドホーム > 株式会社ファインドホームのスタッフブログ記事一覧 > マイホームを購入するなら外断熱工法を採用しよう!外断熱工法のメリットとは

マイホームを購入するなら外断熱工法を採用しよう!外断熱工法のメリットとは

≪ 前へ|新築一戸建てのお風呂の広さと決め方のポイントを解説   記事一覧   マイホームの購入時に加入しておきたい火災保険とは?火災保険の概要や選び方とは|次へ ≫

マイホームを購入するなら外断熱工法を採用しよう!外断熱工法のメリットとは

マイホームを購入する際に重要な断熱方法には、「外断熱工法」と「内断熱工法」の2種類があることをご存じでしょうか?
光熱費にも影響を及ぼす断熱方法ですが、マイホームには省エネ効果の高い外断熱工法がおすすめです。
今回は、外断熱工法とは何か、そしてそれを取り入れるメリットについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

マイホームを購入するなら取り入れたい?外断熱工法とは

外断熱工法とは、梁や柱も含めて住宅全体を断熱材で包み込んでしまう工法です。
住宅の内部に断熱材を使用する内断熱工法は、柱などの構造体と断熱材の接地面に隙間ができてしまい部屋ごとの温度に差が生じるため、結露しやすくなってしまいます。
それに対して、住宅全体を断熱材で覆う外断熱工法は、柱や梁も断熱材で覆っているため室内ごとの温度差が生じにくく、結露しにくくなります。
結露しにくくなるとカビも発生しにくくなるため、家にとっても体にとっても外断熱工法の方が安心といえるでしょう。
外断熱工法の中にも、コンクリートに断熱材を密着させる「湿式工法」と、外装材を支えるための金具を設置して外装材を施工する「乾式工法」の2種類があります。
また、繊維系断熱材と発泡プラスチック系断熱材の2種類の断熱材が主に使用されています。

省エネで購入したマイホームも長持ち!外断熱工法のメリットとは

最大のメリットは、光熱費や結露の発生を抑えられることです。
外断熱工法で建てた住宅は気密性が優れているので結露が発生しにくく、同時にカビの発生も抑えられるため結果的に家が長持ちします。
建物全体を断熱材で覆っているため、梁や柱も保護され劣化を防げますよ。
また、外気と室内の温度差が少ないため光熱費を抑えることができ省エネに繋がります。
ただし、外壁が厚くなるため敷地や間取りにゆとりが必要となり、あまりにも狭い土地には向かないため注意が必要です。
外断熱工法の中でも、湿式工法は建物自体が軽量化されることに加え、夏場にも壁面内での結露が起きにくいというメリットがあります。
一方で乾式工法のメリットは、断熱材と外壁材との間に水蒸気を排出する通り道が設けられているため、建材が湿気の影響を受けにくいことです。

まとめ

家の劣化を進める原因でもある結露とカビ。
せっかく購入したマイホームですので、長い間綺麗に住み続けたいですよね。
省エネで家も長持ちする、メリットたくさんの外断熱工法をぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。
私たち株式会社ファインドホームでは、藤沢市を中心に不動産物件をご紹介しております。
気になる物件がございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|新築一戸建てのお風呂の広さと決め方のポイントを解説   記事一覧   マイホームの購入時に加入しておきたい火災保険とは?火災保険の概要や選び方とは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


藤沢市湘南台6丁目 新築

藤沢市湘南台6丁目 新築の画像

価格
6,390万円
種別
新築一戸建
住所
神奈川県藤沢市湘南台6丁目16-3
交通
湘南台駅
徒歩14分

下和田売地

下和田売地の画像

価格
3,380万円
種別
売地
住所
神奈川県大和市下和田
交通
高座渋谷駅
徒歩3分

大鋸戸建

大鋸戸建の画像

価格
8,000万円
種別
中古一戸建
住所
神奈川県藤沢市大鋸
交通
藤沢駅
バス7分 緑が丘 停歩5分

藤沢市湘南台615② 新築戸建

藤沢市湘南台615② 新築戸建の画像

価格
5,680万円
種別
新築一戸建
住所
神奈川県藤沢市湘南台6丁目
交通
湘南台駅
徒歩13分

トップへ戻る