株式会社ファインドホーム > 株式会社ファインドホームのスタッフブログ記事一覧 > マイホームを購入するなら平屋と2階建てのどちらを選ぶべきか

マイホームを購入するなら平屋と2階建てのどちらを選ぶべきか

≪ 前へ|藤沢市の子育て支援事業「ファミリー・サポート・センター」とは   記事一覧

マイホームを購入するなら平屋と2階建てのどちらを選ぶべきか

マイホームの購入を検討するとき、平屋にするか2階建てにするかの決め手は購入者の年齢に大きく左右されます。
これから家族が増える、子どもが大きくなるファミリー世代であれば2階建てを選ぶケースがほとんどです。
逆に子どもが独立し夫婦二人になると住み替えに平屋を求める場合が多くなります。
それぞれが選ぶ平屋と2階建てにはどのような違いがあるのでしょうか。

弊社へのお問い合わせはこちら

マイホームの購入で平屋にするメリットデメリット

平屋のメリット

平屋の最大のメリットは動線がシンプルなことでしょう。
階段の上り下りがない分、移動が非常に楽です。
家具の配置を変更するなど模様替えがしやすく、高齢になっても使いやすい間取りが平屋の特徴と言えます。

平屋のデメリット

基本的に敷地面積が2階建て住宅よりも広くなります。
客間や書斎など部屋数が多くなるとかなりの敷地が必要です。
ファミリー世帯で平屋を選んだ場合、部屋数が少ないとプライバシーが確保できないと言うデメリットもあります。
また、土地の広さにもよりますが、周囲に高層ビルがなくても2階建ての家屋に囲まれた立地であれば日当たりは悪くなります。
部屋全体が薄暗く、昼間でも電気をつけなければ生活がしづらい状況になることも珍しくありません。

どのような場合に平屋がおすすめか

高齢者や車いすを使う場合は平屋がよいでしょう。
階段の上り下りがない分、家の中の移動が安全で楽です。
高齢世帯だけでなく単身世帯にも平屋はおすすめです。
一般的に2階建てに比べ平屋の間取りは掃除がしやすく日常生活の負担が軽くなります。

マイホームの購入で平屋より2階建てをおすすめするケース

2階建てのメリット

2階建ての最大のメリットは平屋に比べて、狭い敷地でも平屋と同等の部屋を造ることができる点にあるでしょう。
また、1階と2階に居室を分けることで家族間のプライバシーも保ちやすくなります。

2階建てのデメリット

子どもが独立して家族形態が変わった場合、2階がそのまま空き部屋になってしまうことは多いです。
ご高齢の方だけになると階段の上り下りが負担になるため、2階が活用できないだけでなくメンテナンスも難しくなります。

どのような場合に2階建てがおすすめか

ファミリー世帯には2階建てがおすすめです。
子どもが大きくなれば勉強部屋など、独立した部屋が必要になるでしょう。
また親と同居する場合、二世帯住宅でなくても階を分けることでそれぞれのプライバシーを確保することができます。

まとめ

家に求められるものは人の成長とともに変わっていきます。
2階建てにするか平屋にするかの選択は、住む人がこれからどう変容していくかによって観点が異なるのです。
予算も含め、より生活スタイルに適した家を選びたいですね。
私たち株式会社ファインドホームでは、藤沢市を中心に不動産物件をご紹介しております。
気になる物件がございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|藤沢市の子育て支援事業「ファミリー・サポート・センター」とは   記事一覧

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る