株式会社ファインドホーム > 株式会社ファインドホームのスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入をするなら知っておきたいトップライトのメリット・デメリットとは

不動産購入をするなら知っておきたいトップライトのメリット・デメリットとは

≪ 前へ|戸建て注文住宅の建築時に催す「上棟式」とは   記事一覧   永住権なしだと不動産購入時の住宅ローンが組みにくい理由とは?対策もご紹介|次へ ≫

不動産購入をするなら知っておきたいトップライトのメリット・デメリットとは

不動産購入を検討されている方のなかには、トップライト付きの物件が気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
トップライトとは天窓とも呼ばれる設備で、目の前に高層の建物がある、もしくは住宅密集地に建っているなど、十分な採光が望めない家によく見られる家の屋根に取り付けられた窓のことです。
今回は、トップライトのメリットとデメリットについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

トップライトのメリットとは?

不動産購入にあたって、その物件の日当たりについてはとても気になるところです。
たとえ、日当たりが良くなさそうな立地であっても、屋根に窓が付いていると室内に太陽の光がたくさん入ってきます。
昼間であれば電気をつけなくても良いほど室内が明るくなるのは、トップライトの最大のメリットと言って良いでしょう。
その採光能力は、一般的な窓の3倍とも言われています。
屋根に設置された窓なので、外から覗かれる心配がなくプライバシーの確保も可能です。
また、開閉が可能な窓であれば、換気の効果も期待できます。
屋根に設置された窓を開けると室内と室外の温度差によって上昇気流が生まれ、暖かい空気が外に押し出され効率よく換気できるメカニズムとなっています。
また、デザインによっては大変おしゃれに見えるため、そのデザイン性に憧れて導入する方もいらっしゃるのではないでしょうか。
設計の都合上天井が高くなり室内に開放感が生まれることも、人気を集める理由として挙げられます。

トップライトのデメリットとは?

トップライト付きの不動産購入を検討している方は、そのデメリットも知っておいたほうが良いでしょう。
採光や換気の面ではメリットが多いように見えますが、トップライトは高いところに設置されているため、とても掃除が大変です。
室内側だけならなんとかきれいになるかもしれませんが、窓の外側をきれいにするのは個人では難しいでしょう。
慣れていない方が屋根に上って掃除やメンテナンスをおこなうことは、とても危険な行為です。
また、雨漏りのリスクもあります。
換気のために開けておいたところに雨が降ってきたら、たちまち室内は濡れてしまいます。
そうでなくても、紫外線を強く浴びるため部材の劣化が速く、普通の窓より雨漏りのリスクが高まります。
真夏の直射日光や真冬のことを考えると、採光の良さについて手放しでは喜べません。
真夏は直射日光が室内に差し込むことで室温が上昇し、逆に真冬は暖かい空気がガラス面から逃げてしまい、夏は暑く冬は寒くなってしまう恐れがあるのです。

まとめ

不動産購入を検討されているのであれば、トップライト付きの物件を目にすることもあるでしょう。
採光や換気という点ではメリットがありますが、デメリットも当然あります。
購入を検討するのであれば、そのどちらについても把握しておいたほうが良いでしょう。
私たち株式会社ファインドホームでは、藤沢市を中心に不動産物件をご紹介しております。
気になる物件がございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|戸建て注文住宅の建築時に催す「上棟式」とは   記事一覧   永住権なしだと不動産購入時の住宅ローンが組みにくい理由とは?対策もご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


下和田新築戸建

下和田新築戸建の画像

価格
5,180万円
種別
新築一戸建
住所
神奈川県大和市下和田1261-4
交通
高座渋谷駅
徒歩3分

福田戸建

福田戸建の画像

価格
4,280万円
種別
中古一戸建
住所
神奈川県大和市福田
交通
高座渋谷駅
徒歩8分

藤沢市湘南台6丁目 新築

藤沢市湘南台6丁目 新築の画像

価格
6,190万円
種別
新築一戸建
住所
神奈川県藤沢市湘南台6丁目16-3
交通
湘南台駅
徒歩14分

下和田売地

下和田売地の画像

価格
3,380万円
種別
売地
住所
神奈川県大和市下和田
交通
高座渋谷駅
徒歩3分

トップへ戻る