株式会社ファインドホーム > 株式会社ファインドホームのスタッフブログ記事一覧 > 不動産を売却する流れとは?やるべきことや期間を解説

不動産を売却する流れとは?やるべきことや期間を解説

≪ 前へ|共有名義での不動産購入について解説!そのメリットやデメリット   記事一覧   マイホームの買い替えに最適なタイミングとは?|次へ ≫

不動産を売却する流れとは?やるべきことや期間を解説

不動産売却をするのが初めてだと、どんな流れで進んでいくのかいまいちよくわからないという方もいると思います。
知識もないなかでの売却だと、余計不安に感じることがあるのではないでしょうか。
そこで、今回は不動産を売却する際の流れについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を売却する際の流れとやるべきことは?

不動産売却は、5つのステップにより進んでいきます。
それぞれのステップにおいて、売主がやるべきことを紹介します。

相場を調べ、不動産会社に査定を依頼する

売買価格の相場を調べ、複数の不動産会社に査定を依頼します。
複数の不動産会社を比較し、条件や対応の良さを判断します。

不動産会社と媒介契約を締結する

比較した不動産会社の中で、依頼をしたいと思った会社に連絡をし、媒介契約を締結する旨を伝えます。
締結する際には、3つの中から媒介契約の種類を選ぶ必要があります。

不動産の販促活動を始める

販促活動のプランを練り、実際に販促活動を始めます。
この際、内見の準備をすることで、いつでも対応できるようにしておくことが大切です。

買主と売買契約を結ぶ

不動産会社に条件をあらかじめ伝えておき、合致したら契約を結びます。
書類の確認や署名など、決められたことをおこないます。
また、仲介手数料の支払いが発生します。

決済と物件の引き渡しをおこなう

必要書類の確認をし、仲介手数料の残高を支払います。

不動産売却における売却活動とはどのようなものがあるのか

不動産売却における売却活動には、主に3種類あります。

値下げをする

売却活動を始めてから、購入希望者が出てこない場合は価格を見直す必要があります。
価格を下げる際は、独断で判断することなく、必ず不動産会社の担当者と話し合って決めることが大切です。

購入希望者と交渉する

また購入希望者が出てきたら、交渉をすることになります。
売出価格で買ってくれることはあまりなく、値下げを求められることが多くあります。
自分が納得いく価格で交渉がまとまるように工夫することが大切です。

住みながらの売却活動は可能か?

また、売却活動は住みながらおこなうことが可能です。
住みながらおこなう場合、購入希望者が内見に来る際には、片付けるなどの対応が必要になります。

不動産売却にかかる期間

不動産を売却するまでにかかる期間は、おおむね3〜6か月程度とされています。
また、これよりも時間がかかってしまうケースも少なくありません。
その際は、以下の3点が課題となっている可能性があります。

●売り出す時期が良くない
●物件があるエリアの需要がない
●価格が高い


もし長くなってしまった場合には、この3つの観点から原因を探るようにしましょう。

まとめ

不動産売却の流れは、5つのステップに沿っておこなわれます。
エリアなどによっても平均期間は異なりますので、不動産会社に目安の売却期間を確認しておくと良いでしょう。
ぜひ今回の内容を参考に、不動産売却を進めてみてください。
私たち株式会社ファインドホームでは、藤沢市を中心に不動産物件をご紹介しております。
気になる物件がございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|共有名義での不動産購入について解説!そのメリットやデメリット   記事一覧   マイホームの買い替えに最適なタイミングとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


下和田売地

下和田売地の画像

価格
3,380万円
種別
売地
住所
神奈川県大和市下和田
交通
高座渋谷駅
徒歩3分

下和田新築戸建

下和田新築戸建の画像

価格
5,180万円
種別
新築一戸建
住所
神奈川県大和市下和田1261-4
交通
高座渋谷駅
徒歩3分

藤沢市亀井野 3号棟

藤沢市亀井野 3号棟の画像

価格
4,880万円
種別
新築一戸建
住所
神奈川県藤沢市亀井野3丁目
交通
六会日大前駅
徒歩9分

代官4丁目戸建

代官4丁目戸建の画像

価格
1,580万円
種別
中古一戸建
住所
神奈川県大和市代官4丁目
交通
高座渋谷駅
徒歩17分

トップへ戻る