株式会社ファインドホーム > 株式会社ファインドホームのスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入前に知りたい!レンジフードの種類や選び方を解説

不動産購入前に知りたい!レンジフードの種類や選び方を解説

≪ 前へ|不動産購入後のミストサウナの後付けについて解説!その方法や費用の目安は?   記事一覧   不動産購入における登記事項証明書とは?取得方法も解説|次へ ≫

不動産購入前に知りたい!レンジフードの種類や選び方を解説

不動産購入にあたり、多くの方が重視する場所のひとつにキッチンがあります。
キッチンにはシンクやコンロ、収納など、さまざまな設備があり、それぞれ細かくチェックすることが大切です。
今回は、キッチン設備のひとつであるレンジフードの種類や、レンジフードを選ぶ際の注意点について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入時にチェックしたい!レンジフードの種類とは

調理時のニオイや煙を、ほかの部屋に広げないようにする役割のあるレンジフード。
似た機能を持つ設備に換気扇がありますが、レンジフードと換気扇の違いは形状です。
換気扇はプロペラ型で壁に直接設置するのが一般的であり、コンロの上部を覆うフードはありません。
レンジフードは細かい羽根が筒状に取り付けられ、コンロの上部を覆うフードが付いているのが大きな特徴です。
レンジフードは形状によって、ブーツ型・スリム型・フラット型の3種類に分けられます。
ブーツ型は、現在広く普及している種類です。
ブーツのような見た目で、フードがコンロの上部を覆っています。
フードが広範囲を覆うため、煙をしっかり吸い込むことが可能です。
スリム型は本体がスリムな形状で、デザイン性が高いという特徴があります。
つなぎ目や溝が少ないシンプルな構造なので掃除が容易で、扱いやすい点が魅力です。
フラット型は本体が薄いため、天井が低くてスペースが少ないキッチンに適しています。

不動産購入にあたりレンジフードを選ぶときの注意点とは

不動産購入の際には、キッチンの設備を自由に選べることがあります。
レンジフードを選ぶ際の注意点として、最初に考えたいのが価格です。
レンジフードは、機能によって価格が異なります。
掃除の手間を省く機能や省エネ機能などがあるため、機能と予算を考慮して、ライフスタイルに合ったレンジフードを選んでみてください。
また、レンジフードの寸法によってはキッチンに設置できないこともあるため、注意しましょう。
設置場所やその周辺環境について事前に確認し、きちんと取り付けられる寸法のものを選ぶことが大切です。
キッチンの天井が低い場合には、フラット型を選ぶことをおすすめします。

まとめ

不動産購入時には、レンジフードなどのキッチンの設備を、自由に選べる場合があります。
種類や機能、価格を比較しながら、設置したい場所に対応した寸法のものを選ぶことがポイントです。
不動産の購入を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。
私たち株式会社ファインドホームでは、藤沢市を中心に不動産物件をご紹介しております。
気になる物件がございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産購入後のミストサウナの後付けについて解説!その方法や費用の目安は?   記事一覧   不動産購入における登記事項証明書とは?取得方法も解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る